スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上がったり下がったり

2009/08/05 16:33
0908kaidan.jpg

階段を上がって部屋で用事を済ませると、いつも娘が階段のてっぺん付近で僕を見てにんまりしながら待っていた。
決まってこう言った。

「おんぶ」

僕がどんなに疲れていても、彼女には関係なく決まって「おんぶ」だった。
おんぶをしてもらってただ下に降りる。それだけの為に彼女は僕が2階に上がるのを見計らってスタンバイした。

飼っている犬は弱虫で、この階段の一段目に前足を掛け、ただただ2階の様子を伺うだけだった。
犬以外の家族が2階に上がって、笑い声などあげていると犬はいつも寂しそうに鳴いていた。
その鳴き声にハッとして犬を抱っこして2階に連れてくるのはいつも娘だった。

筋トレと称して、ももを高く上げ、上がったり下がったり10往復もした。
ドスドスと階段を上がる音がすると、必ず娘がやってきて真似をした。
この狭い階段でももをあげながらすれ違う僕と娘。こっちはかなり真面目にやっていたのにいつも笑って邪魔をされた。


階段の写真を何気なく撮ったらいろいろ懐かしい思い出が蘇りました。
写真にはそんな効果がありますね。
僕はそんな風に振り返ってみたり、過去を懐かしんでみたりするのが割と好きです。
早く新居の写真も沢山撮りたいな。



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

わぁ(*´∀`*)旧居も素敵なお家♪我が家も旧居の写真をディスプレイしたりして楽しんでますよ(^-^)思い出を写真に残しておくと忘れなくて懐かしい気分で眺めてます♪新居の更新楽しみにしてます



tocoさんへ

旧居は全然素敵じゃないです^^;
旧居の写真もディスプレイしてるんですか!
それは考えもしなかったなー。でも忘れないように見えるところに飾ったらいいかもしれませんね。
コメントありがとうございますvv



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。