スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期待しまくって

2010/02/07 22:21
旧居の時、家や庭の手入れをしていたのは最初の1年だけでした。
その後はいつか建て替えるという逃げ道を作って、ただただ劣化していく家と庭の中で暮らしていました。

そのことは今になって思えば多少後悔の念もあり、恥ずかしい暮らし振りだったと言われても仕方ないところです。
昨夜、まさにクリント・イーストウッドに胸をぐさりと突き刺された思いでした。

無理やり家ブログ的に言わせてもらえば、家や庭の手入れを怠るご主人がいたら是非この映画を観せてあげるといいかもしれません。少なくとも過去の僕はイーストウッドに唾を吐き捨てられ、または銃をつきつけられた思いです。

grantorino.jpg
グラン・トリノ
監督・クリント・イーストウッド 出演・クリント・イーストウッド
こんな生き方ができたら凄いと思った映画、ライフイズビューティフル。
ずっと僕の中でバイブルというか、人生にとても影響を及ぼしている映画です。それはこれからも変わりありません。
そんなライフイズビューティフルとはほぼ正反対(主演の生き方のようなもの)に感じたグラン・トリノという映画。
これからの人生に少なからず影響を及ぼすであろう映画となりそうです。
素晴らしい映画に出会えました。
女性よりも男性の方が共感できると思います。

エンディングからエンドロール、こんなにも茫然としてしまった映画は久しぶりです。
僕にとっては(映画として)完璧な終わり方でした。
ありがとうイーストウッド。



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。